知っておくべきこと

個々人で災害対策を行うに当たって、まず知っておくべきことがあります。

それを知らないと何を?どの程度?行えば良いのか、正しい判断ができません。

一般的な備え(緊急避難グッズの設置、家具の転倒防止対策、等)が分かっても、それがあなたにとって十分なのか、不足なのか、それとも行き過ぎたものなのか、各自・各家によって、その判断は異なります。

いろいろな災害対策を行うにしてもお金が掛かることもありますので、無駄無く適切にやりたいものですね。

もう既にある程度の災害対策を行っている方もそうでない方もまずは基本知識として、以下内容を把握頂ければと思います。

災害救助の現実

日本には頼もしい自衛隊や消防署があります。災害発生時には、彼らが駆けつけてくれて、救助してくれる・・・とお思いの方もいらっしゃるでしょう。局地的な災害対処なら、そうかもしれませんが、先の東日本大震災や阪神大震災のような大災害では、実際どの程度期待できるものなのでしょう?

自助、共助、公助とは?

自助=自分で自分を助けること、共助=家族や地域コミュニティで共に助けあうこと、公助=行政による救助・支援、のことです。防災対策は行政がやる、自分は緊急避難グッズを備えておく・・・果たして、それだけで良いのでしょうか? 自助・共助・公助の概念がわかると、防災というのは、国・都道府県・市町村・町内会・企業・家族・個人が、それぞれのパートで積極的に取り組むべきものであることが分かります。

避難と避難所

各地域には、指定の避難所・避難地が設定されています。あなたの家に一番近い避難所を知っていますか?そこまで実際に歩いたことがありますか?緊急時には、どういった判断でそこに避難しますか?

自宅に潜むリスク

阪神大震災では、地震による家屋の倒壊により多数の方が犠牲になりました。何故家屋が倒壊したのでしょう。あなたの家は大丈夫ですか?具体的にどう確認して、どう対応したらよいか、まで説明します。

過去の災害被害

日本は過去に多数の災害・大災害を経験しています。これらの被害・対応の経験から、学ぶべきことが沢山あります。自然の猛威は時に人間の想像を大きく超えるときがありますが、過去の貴重な経験は多いに活用して、効率的に新たな自然の脅威に備える必要があります。過去の災害被害について、具体的データと共に見てみましょう。

予想される地震

日本は地震多発国です。南海トラフ巨大地震を筆頭に今後も多くの地震発生が予想されています。具体的にどの地域でどの位の地震が予想されているのか、確認してみましょう。またそれ以外の地域は安全なのでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ